Q & A

Q1 創薬に直接関係しないテーマでも化合物を提供してもらえますか?

従来通り基礎科学分野等のテーマにも、実費ご負担により提供いたします。提供条件をご了解いただいた上で、サンプル提供を希望・検討されている方は当機構まで電子メールにてご相談の上、申請書をご提出下さい。尚、提供件数に制限を設ける場合があります。

Q2 責任者として誰を記載すればよいですか?

貴機関の規定により共同研究等の契約権限のある方をご記載下さい。申請される研究者ご自身に契約権限が委譲されている場合には、ご自身を記載いただいても構いません。また、本学の場合には研究者に契約権限はなく、東京大学総長(代理として当機構の事務を所掌する薬学部事務長)が責任者となります。なお、東京大学内からの申請に限り、研究代表者を記載いただいても構いません。

Q3 他の研究者に化合物やデータベースを渡したいのですが。

申請された方の責任が及ぶ同一研究機関内の方が使用される場合は問題ありませんが、他機関の方に渡される場合は他機関の方から直接当機構に申請し、契約等を行った上でお使いいただく必要があります。許可のない再提供は、堅くお断りしています。

Q4 申請後、どのくらいでデータベースや化合物サンプルが届きますか?

申請手続・内容に問題なければ、データベースに関しては1~2週間程度、化合物サンプルに関しては、大量でなければ2~4週間程度でお渡しできる見込みです。

Q5 化合物提供を申請するかどうかを決めるために、とりあえずはデータベース提供申請を行い、ライブラリー化合物を開示していただくことは可能でしょうか?また、データベースを前もって受け取っておき、必要時に検索して化合物申請することは可能でしょうか?

当機構は具体的なターゲット名、化合物使用方法、申請化合物選択方法等の使用目的を詳細に事前にお伺いし、その目的が当機構の化合物サンプル提供に相応しいものかどうかを確認させていただいております。データベースについてもその目的遂行のためにお渡しするものであり、申請目的外使用は認めていません。したがって、基本的にはwetのアッセイ系構築の目処が立っているインシリコ選択の場合にはデータベースを提供していますが、言わば試薬カタログ的な利用方法はご遠慮いただいております。

Q6 化合物ライブラリーの構成は?

こちらでご確認いただけます。

Q7 料金表のプレートコピー提供料金とは何ですか?

請求金額は化合物サンプル自体の代金を含まない実費となっており、提供に必要なプレート代、送料より算出されます。サンプル番号を指定した申請(通常)とサンプルID連番などの予めセットになったサンプル申請(プレートコピー)では、分注作業が異なるため、別料金に設定しております。

Q8 秘密保持契約を申請前に締結したいのですが。

申請書受理後に締結する化合物提供契約には秘密保持条項がありますが、秘密保持契約はどの機関に対しても申請書受理前に締結しないことにしております。ただし、化合物提供契約締結の有無にかかわらず、情報漏洩することがないように契約後と同様、細心の注意を払っております。同様の申請を既に受け付けている場合には後者の申請を受け付けないことにしており、申請情報を利用することは一切ありませんが、申請を受付されなかった方からは、申請情報を先行申請者と当機構が利用したように見える可能性があるため上記対応となっています。

Q9 Q8の「同様の申請を既に受け付けている場合には後者の申請を受け付け ない」とはどういうことでしょうか?

同一ターゲットについて同様のアッセイ方法でスクリーニングが既に行われている場合はサンプル提供を制限する場合があるということです。同一ターゲットでも全く異なるアッセイ方法によるため、ヒット化合物が異なる可能性がある場合にはサンプル提供をするようにしています。

Q10 PODとは何のことですか?

PODとはPlate on Demandのことで、化合物サンプルプレートに試薬、標的タンパク質やバッファー等を直接加えて測定するAssay ready platesとして提供する方式です。POD(Labcyte社 Echoという2.5 nL単位で精確に分注する装置を内蔵)による分注では、ディスポーザブルのピペットチップを用いないため、ご負担実費額が従来型のμL単位の提供方式と異なっております。ただし、ご提供サンプル量は試験1回分のみとなりますので、複数試験される場合には複数枚数ご請求いただく必要がございます。

Q11 追加申請時にはどのくらいの量を提供可能ですか?

濃度は化合物の溶解度に応じて2種類となっており、2mM、10mMの溶液サンプル共、5 microLを基本として、必要最低限の量となります。基本量以上必要とされる場合には必要量を計算されて、その根拠を申請書にご記入下さい。共用としているサンプルにつき、節約にご協力ください。例えば、次に行う2次試験でパスした化合物のみ、さらにその次の3次試験に進める場合、全化合物について2種類の試験の必要量を一度にお渡しすると、2次試験をパスしなかった化合物サンプルに無駄が生じてしまうため、3次試験に要する量によっては段階的な請求をお願いしております。また、in vivo試験に供するような量のサンプルは原則ご提供できませんので、入手先情報をお知らせし、ご購入をお願いしています。