「制御領域」の目的

  • 「ターゲットタンパク研究プログラム」の「制御」領域においては、酵素や受容体などのタンパク質の機能解析を推進するために、これらの機能を制御する小分子化合物を探索するための基盤を構築し、さらに制御化合物を開発するための技術開発を行うことを目的としている。
    構築された基盤および得られた研究効果に基づいて、各々の「ターゲットタンパク研究者」に化合物供与と情報の提供を行うことにより研究の支援および交流を行う。