MENU

化合物ライブラリー

  1. Validated Compound Library リポジショニングや構築アッセイ系の確認に用いられるサンプルのセット
    既存薬 約1600サンプル、既知薬理活性試薬 約1900サンプル
  2. Core Library 当機構の化合物ライブラリーの構造多様性等を考慮して選抜した代表9600サンプル
    類似化合物を準備
    細胞内標的用コア2400サンプルを内包
    (サンプル数の調整・分割提供の相談可)
  3. Advanced Core Library Core Library評価後、Full Library(全化合物)の評価は困難だが、
    さらに評価数を拡大されたい方のために選抜した22400サンプル
  4. Fragment Library, Scaffold Library 分子量250以下のフラグメント化合物や分子量250~300の
    スキャフォールド化合物などを重点的に集めた物理化学的アッセイにも用いられる低分子量のサンプル
  5. Focused Library キナーゼ、GPCR、タンパク質間相互作用などの標的に対して
    ヒット効率が高くなるよう予測して、収集・合成したサンプル
  6. 企業寄託化合物 小野薬品工業(株)、東和薬品(株)、第一三共(株)、田辺三菱製薬(株)より
    寄託を受けたサンプル(利用条件はそれぞれ異なる)
  7. AMED中分子化合物 タンパク質間相互作用の阻害を予測して合成した15000サンプル(利用条件は異なる)
当機構の化合物ライブラリーは、2006年度より構築を開始した。当時の市販化合物データベースより忌避部分構造を考慮しつつ、タンパク質親和性候補化合物を広く選択した後、化学構造の多様性を確保するために化合物の記述子に基づくクラスタリングを行い、その各クラスタより代表化合物を収集した。大学研究室由来などのユニークな骨格構造をもつ化合物や市販天然化合物、天然化合物誘導体も精力的に収集した。

1.Validated Compound Library

2. Core Library

4.Advanced Core Library

4.Fragment Library, Scaffold Library

5.Focused Library

インシリコアプローチによる制御化合物創製技術